JSCAは、コーチングを通して未来を担う子どもたちが自ら人生を築いていく支援をする全国組織です

 
 

 
   

国際コーチング連盟   認可プログラム

『第20期』

 


10年間、全国の教育機関に提供してきた実績のあるプログラムを元に
「人を育てる」を根本から考え、開発したプログラムです。
本講座は、国際コーチング連盟(ICF)からACSTHとして認証されています。


NPO法人 日本スクールコーチ協会の『コーチ養成講座』は、
人の人生に関わるコーチとしての「在り方」と「対話力」を重視しています。
  
当協会のコーチングプログラムは、人間についての本質的な理解に基づいた
コミュニケーションをスキルで体感し、心理学や脳科学の理論で腑に落としながらトレーニングをしていきます。
 

コーチ養成講座を受講して 広がる可能性!

 
 
国際資格を取得し、コーチとして独立起業
現職をキャリアアップして次のステージへ!
資格と専門知識を活かした副業! 
子どもや部下など人」の成長を後押し! 
自身の強みや才能を伸ばし自己実現!
家族や職場の人間関係の問題解決

     

当協会のコーチ養成講座が選ばれる理由!

 
国際コーチング連盟(ICF)の
資格取得の基準を満たしたプログラム
 
本講座を修了し、日本スクールコーチ協会認定コーチとなり、
一定の要件を満たすと、ICFが発行する国際コーチの資格を
取得することができます。資格取得のサポートも致します。
 
NPOだからこそできる価格設定
営利を目的としないNPO法人なので、受講料を低く設定することができました。
 
少人数で主体的な学び
オンライン環境であっても主体的な学びを重視するため、受講者を10人以下としています。
キャリアを重ねたトップコーチ陣がメイン講師を
努め、更に、ベテランコーチがフルサポートします。
 
人を育てる」を根本から学べる
脳の仕組み、コミュニケーションの仕組みなど脳の特性を知ることで、自分のことも相手のことも深く理解できるようになります。
更に、コーチングがなぜ機能するのかなども、根本から理解できる
内容となっています。
  
人間力を高める
優れた手法を選択することは大切ですが、それ以上にその手法を使う
「コーチの底力を強化する」ことを大切にしています。
 
養成講座終了後も学びの継続をサポート
学んだことを維持向上するための
オンライントレーニング年間12回行っています。

 
 
第21期お問い合わせはこちらから
 
 

なぜ今、コーチングが必要とされるのか?

 
 
新型コロナウィルスの蔓延をきっかけに、
これまでの生き方や働き方などの価値観を
変えざるをえない状況に立たされていることに、
不安を抱えている人が大勢います。
 
 
企業のグローバル化や人手不足による外国人労働者
の雇用拡大により、今後益々多種多様な人々と、
新たな情報通信技術や人口知能を
使いこなしていくことが求められます。
 
 
どのような状況になっても、その担い手はやはり
「人間」であることはこれからも永遠に変わることはありません。
多種多様な価値観と、変化に柔軟に適応する
しっかりした基盤があれば、いかに複雑に見える変化がおきても、
余裕をもって対応することが可能となります。
 
 
だから、人間について本質的に理解し
社会の変化に柔軟に対応するために不可欠な、
人と人をつなぐコミュニケーションについて、
理論とスキルが体系的に組み立てられている
「コーチング」を身につける必要があると考えています。
 
 
当協会では、教育現場での成果を基に、
子育てにも応用できるコーチングメソッドです。
当協会の講師や会員の方々は、ビジネスのみならず、親子関係や夫婦関係の
コミュニケーションにもコーチングを活用して、
豊かな信頼関係を築くことに成功しています。

 
 

コーチ養成講座
オンラインコース概要

 
 
 
 

全12日間カリキュラム詳細

 
熱い想いを持ったプロコーチとNLP、認識論、
メンタルヘルスなどを研究している人達の経験と叡智を結集し、本質をおさえた
独自のカリキュラムです。 
NLP、認識論、発達心理学を取り入れ、人間力を高めながらスキルと理論を
体験的に習得していく構造となっています。
 


 
1日目 コーチングの概要&オリエンテーション
   (オンライン)
・コーチングの全体像をつかみ効果を 実感する
・コーチングの本質
・コーチングの基本スキル
・コーチング実践の流れ
・信頼関係を築くコミュニケーション
・コーチとしての在り方


 
2日目 コミュニケーションと人間理解
   (オンライン) 
・人間の脳の基本的な働き・・基本特性と個別プログラム
・出来事の受け取り方・・事実と解釈
・コミュニケーションの傾向と識別ツール
・意識の階層(ニューロロジカルレベル)
・価値観が及ぼす影響


 
3日目 コーチングの3大スキル
   (オンライン) 
・スキルの本質を理解し使えるようにする
・「傾聴」の本質を理解し実践
・「承認」の本質を理解し実践
・「質問」の本質を理解し実践


 
4日目 コーチングセッションの進め方
   (オンライン)
・1対1のコーチングを実践する
・コーチングの構造を理解する
・コーチングの基本的な流れに沿ったセッション
・効果を上げるセッションのポイント
 ・相手の中にある答えを引き出す関り
 


 
5日目 フォローアップ&エクササイズ
   (オンライン)  
・ここまでの学習に対するフォローアップ
・​コーチングエクササイズ
 


 
6日目 コーチの在り方と自己基盤の強化
   (オンライン)  
・自分を構成するプログラムを知る
・意識をニュートラルな状態にする
・自分の価値観とその影響を知る
・自分のニーズとその影響を知る
・未完了や妥協に向き合う
 


 
7日目 コーチングスキルアドバンス
   (オンライン)  
・チャンク(物事の抽象化と具体化)
・ニューロロジカルレベルの活用
・フィードバック
・IメッセージとYouメッセージ
・リフレーム
 


 
8日目 コーチングエクササイズ
   (オンライン)  
・1対1のコーチング実践
・ゴール設定の実践
・コーチングフローの意識的活用
・コーチングにおける自分の強みと課題を知る
・国際コーチ連盟倫理規定を理解する
 


 
 
9日目 人間の発達と自己理解
   (オンライン)  
・人間の成長プロセスから自己理解を深める
・セルフイメージを言語化する
・アイデンティティを明確にする
・自己視点と他者視点のギャプを考える
・他者に向けて自分を表現する 
 


 
10日目 ライフデザイン~キャリアコーチング
   (オンライン) 
・クライアントの自己探求をサポートする
・クライアントの枠を外す
・クライアントの心の奥にある望みを引き出す
・クライアントが理想の人生を描ける働きかけ
・クライアントのベストな職業選択をサポートする
 


 
11日目 コーチング実践に向けて
   (オンライン)  
・国際基準に則ったコーチング実践
・ICFの倫理規定の確認
・コーチング実践に向けての自分の課題を知る
・コーチ、クライアント、オブザーバーの
3つの視点からフィードバック
・インテークから継続セッションの重要ポイントを押さえる
 


 
12日目 フォローアップ&エクササイズ
   (オンライン)  
・ここまでの学習に対するフォローアップ
・​コーチングエクササイズ
 


 

資格の取得・修了証の発行について

・コーチ養成講座の修了試験合格者は
「日本スクールコーチ協会認定コーチ」の資格を取得できます。
・ICF(国際コーチング連盟)認定コーチの資格取得を申請する方には、
ACSTHコーチ養成講座修了証を発行します。
・修了試験合格後にICF認定資格の取得を目指す方のサポートもいたします。
 
 

養成講座修了後の5大特典

1.協会主催のセミナーに会員価格で参加できます。
2.認定資格取得者は、養成講座にサポーターとして無料で参加できます。
3.認定資格取得者は登壇トレーニング受講後、講師資格を取得できます。
4.月1回のオンライン「スキルアップトレーニング」に参加できます。
(年間12回 税込11,000円)
5.個人コーチングや専科トレーニングを会員価格で学びを継続することが
できます。
 

 
 
第21期お問い合わせはこちらから
 

 コーチ養成講座 
オンラインコース受講料

 
 

 コーチ養成講座オンラインコース受講料     税込  341,000


 
(受講料内訳)
264,000円  『12日間講座&
       スキルアップトレーニング受け放題(年12回)』
55,000円  『個人コーチング 50分×8回』
22,000円  『当協会認定コーチ資格試験』(希望者のみ)
 

 

ICF認定コーチ資格取得を目指す方 

 

 コーチ養成講座オンラインコース受講料     税込  396,000


(受講料内訳)
264,000円  『12日間講座&
      スキルアップトレーニング受け放題(年12回)』
110,000円  メンターコーチング 50分×10回
22,000円    『当協会認定コーチ資格試験』
 
*国際コーチング連盟認定取得希望者は国際コーチング連盟(ICF)の有資格者のコーチングを受ける必要があります。(国際資格取得する場合はICF規定の条件をクリアしてからICFの試験に臨みます。詳細は個別に対応いたします。)

補講について
受講中やむを得ず欠席する場合は、特別価格にて補講を受け付けます。


受講費の返金について
入金後、お客様のご都合によりキャンセルされる場合は、当協会事務局にご連絡ください。
事務局メール:info@jscoach.com
 
下記所定のキャンセル料と振込手数料を差し引いた金額を返金致します。
2週間前まで無料
2週間前から前日まで30%
コース開催初日以降 全額

 
 
第21期お問い合わせはこちらから
 
 

コーチ養成講座を
実際に受講された方の声♪ 

 

秋山貴俊さま  成城学園初等学校 教諭 

コーチ認定資格取得後の活用 
コーチングを体系的に学ぶことで、コミュニケーションスキルが劇的に向上しました。それは単に話すことがうまくなったのではなく、内面的にも対人的にも変わることができました。内面的には、セルフコーチングすることで職場での問題について肯定的に捉え、冷静に事態を把握し、最善の解決策を見つけ対応できるようになりました。対人的には、コーチングスキルであるIメッセージなどを用いることで以前よりも信頼関係を深く築くことができ、応援してくれる方が増えました。 単にコーチングができるようになるだけでなく、コーチングスキルを身に着けることで、仕事の捉え方や生活までも変わってしまったことに驚いています。
 コーチングを学ぶ意義
 私のいる教育業界は、現在大きく変わろうとしています。学校現場では、これからの社会で活躍できる人材を育てるために、明治時代から続く教育スタイルを大改革しようとしています。今までの常識が、まったく通用せず途方に暮れている教員もいます。 私はコーチングを学んだことで、この大改革を楽しめるようになりました。コーチングはゴールを定めて現状とのギャップを埋めていきます。目的や目標が明確にある限り、人間は前へ進むことができます。その目的や目標の定め方、定めてからの扱い方を学んだおかげで、変化の波に乗れていると思っています。
 

 

K.M.さま 30代 研修講師・コーチ

 他団体でコーチングを学んだ後、社内コーチとしてコーチング研修を担当することになりました。その頃は、自分のスキル不足、能力不足を痛感しながらも研修に追われる日々で、コーチング研修も手探りで行っていたように思います。 
 
そして、コーチングを更に深く学びたいと地元大阪で良いスクールはないか探していた時に塾経営をしていた方から「日本スクールコーチ協会」を紹介して いただきました。 
ホームページで NLP に則したカリキュラムの内容を見て、スキルやテクニックだけではなく、もっと人間の本質を知りたい、学びたいと思っていた私は「受講したい」と直ぐにホー ムページで申込み手続きをしました。
 
カリキュラムは、毎回、毎回、コミュニケーションの構造や人間の本質、自己基盤など本当に奥深く、興味深い内容でした。 実際に短時間では理解しにくい内容かも知れません。 私自身、受講中の理解よりも認定スクールコーチを取得した今の方が更により理解が深まっ ていく感じがしています。 
 
現在は、専門学校、高校、中学校など生徒へのコーチング、企業研修を担当していますが、 スキルやテクニックの「やり方」だけではなく、「あり方」について深く伝えることが出来るようになったと実感しています。 

 

小松さやかさま プロコーチ

私は、他の機関でコーチングを学びコーチとして独立した後に協会の「コーチ養成講座」を受けました。まず最初に、丁寧に作られたカリキュラム・テキストに感動しました。国際コーチ連盟のトレーニング基準を満たしているクオリティの高いカリキュラムと、経験豊富な複数の講師の方々から基礎をしっかり学べるようになっているところは、様々なコーチ養成機関がある中でも他に類を見ないでしょう。
さらに全体を通して、コーチとしてのスキル・あり方はもちろんのこと、「人間とは?」について深く学ぶことができます。協会のコーチ養成講座を受けた後のコーチングセッションは学ぶ前よりも深みのあるセッションができています。NLPを土台にした人間理解のプログラムは、仕事で人と関わる全ての人に学んで欲しいプログラムだと感じました。

 

F.K.さま   30代  社労士

もともと自己肯定感が低く、自分の決断に自信が持てないところがあり、
コーチングを通じて 自己基盤を整えたいと思い受講させていただきました。 
仕事柄、営業や商談をすることが多く、コーチングというコミュニケーションスキルを磨くことで仕事にも役立つのではないかと考えました。 
講師の方たちは安心・安全の場作りを徹底されていて、「どんな意見も受け入れてもらえる」という安心感を持って受講することができました。 
 
コーチングを学んでからは、相手を自然に承認できるようになりました。
今までは自分と違う意見の人のことを受け入れられない傾向があったように思います。「どうして私の気持ちが分かってもらえないのか?」と悩むこともありました。
ですが今は、自分のことを分かってもらおうとする前に、まずは相手の話を聴き、
承認することが先であると考えられるようになり、相手の気持ちや意見を尊重できるようになりました。 
また、認定コーチとのコーチングを通じてもたくさんの気付きや学びがあり、物事に対する取り組み方の姿勢も変わりました。自分は今何に意識を向けるべきなのか?がはっきりして以前 と比べて行動に迷いがなくなりました。 
 
これからは、学んだコーチングスキルを幅広く活かしていきたいと考えています。正しく活かすことができれば、様々なところでの人間関係が今以上に良いものになっていくと確信してい ます

 

大川美帆さま 
ピアノ教室主宰・プロコーチ

幼児期の息子の子育てに困り果てて救いを求めた大量の子育て本の中で救世主のように出逢ったのがコーチングでした。 コーチングを知ったからといって子育てが劇的に変わるようなことがあったわけではなく、日常に追われ問題を抱えながら葛藤と格闘の日々でした。 それからもうすぐ10年。 私を困らせ続けた息子は中学生、思春期バリバリのティーンエイジャーです。 相変わらずなところも残しつつも、とても協力的で頼りになる存在に成長しています。
 今ではコーチングに興味を持って、私の知らぬ間に本を読んではコーチングについて語ってき ます(笑) 子育てにコーチングを活かせるようになるまでは時間もかかりました。 「まずはよく話を聴こう。」 「怒る代わりに質問してみよう。」 冷静になれる時だけ限定で、1つずつ、少しずつ、 学んだことを試してみるうちに、だんだんと子どもとのやり取りがコーチ的になり、 お互いに自分の考えを持ちながら協調できる関係になってきたように感じます。

仕事の現場では、学んでから早い時期にすんなりと活かせるようになりました。 ピアノを教えていますが、発達・性格・状況に合わせた 相手にとって受け取りやすい言葉がけをするように心がけることで 一方的な教え方でなく、双方で一緒に考えるレッスンになっています。 ピアノをより音楽的に弾けるようにするためにティーチをすることは必須ですが、 生徒や保護者との関わりではコーチとティーチを必要に応じて使い分けています。

様々なコーチ養成機関がある中で、講座内容のクオリティに客観的な根拠を求めて国際コーチ 連盟のトレーニング基準を満たしているものというのも選択の基準となりました。
「なかなかいい選択をしたものだ」と、数年前の自分を褒めているのですが、 ここで学ぶ私にだからこそ出来る活動を広げていきたいとも思っています。

 

M.S.さま  50代  講師・コーチ

養成講座を受講する前の私は、
・日常生活でも仕事でも「~しなければ・・・」「~するべき・・・」というこだわりが強すぎる。
・白黒はっきりさせないと気が済まない。
・人の好き嫌いがはっきりしている。
・自分の価値観をもとにして人と関わっている。
・心の中で自分自身と会話していることが多く、人に伝えることが苦手なので、伝えようとしない。
等、自分の価値観の枠に囲われて生きていました。
自分のこだわりに縛られていることと、自分の価値観と違う人とのコミュニケーションに疲れ切っていました。

受講後は、
・こだわりから解放され、「こうなればいいなぁ。」「こうできたらいいなぁ。」
「これもあり。」と思えるようになりました。
・人を好き嫌いで判断しなくなりました。
・問題が起きても「どうしよう。」と悩むのではなく、「まず何をするか。」と考えるようになりました。
・コミュニケーションが楽しいと思えるようになりました。
これからの夢や目標は、
数カ所でセミナーを開催し、子育てに関わっている多くの人にコーチングを通して子育てを学ぶ機会と場を提供できるようにしたいと考えています。そして、「養成講座」を市内で開催できたらいいなと思っています。
そのために、今は支部の勉強会にファシリテーターとして参加するなどして、「コーチ型ファシリテーション」の力を身につけたいと考えています。

 

宮城義隆さま  
公立中学校 教頭

今から7,8年前、ある言葉が私の目に飛び込んできました。「普通の教師は言わなければいけないことを喋る。良い教師は生徒に分かるように解説する。優れた教師は、自らやってみせる。そして、本当に偉大な教師は、生徒の心に火をつける。」教師として15年以上がたち、自分なりの教師としてのスタイルに自信を持ち始めていた私にとっては、刺激的な言葉でした。私は「生徒の心に火をつける」教師になっているのだろうか?
 そんなとき、「コーチング」と出会いました。「コーチング」とは「能力を引き出し、自発的な行動につなげ、持続させるためのサポート」とありました。これはまさしく、「偉大な教師」になるために必要な技法ではないかと。それから、日本スクールコーチ協会沖縄支部の門を叩き、コーチングを学び始め、現在も電話トレーニングや講師の登壇トレーニングなど、様々な学びを継続しているところです。
ところで、コーチングを学び始め、日常生活の中で変化したことが2つあります。1つめはコーチングの3本柱の1つである「傾聴」することが、日々の生活の中で自然にできるようになってきたことです。すると不思議なことに生徒とだけではなく、他の職員や家族との関係が良くなってきました。
 2つめは基礎コースで学んだ「自己基盤」を整えることを、意識するようになったことです。自分自身の心の安定が、周りの人を安心させ、それが「信頼関係」の構築につながっているようです。
これからの私の目標は、私自身がコーチとしてのあり方やスキルを高め続け、生徒に質の高いコーチングやコーチング的な関わりを提供することです。
もう1つは1人でも多くの教育関係者にコーチングの良さを広めていくことです。そうすることが沖縄のより良い未来を担う、人材育成に繋がっていくことを信じています。