よりよい学校教育を通じてよりよい社会を創る
~新学習指導要領をうけて、生き方・働き方・学び方を考える~

< 文部科学省・日本教育新聞社 後援>

 
<概要>
1.6月30日(土) 13:00~17:00 熊本市 熊本大学 くすの木会館 
 前田康裕先生 & 菊池省三先生/ 当協会講師  定員60名   動画で見る
終了しました
 
 2.9月24日(月)振替休日 13:30~16:30 大阪市 ドーンセンター 
前田康裕先生 & 菊池省三先生/ 当協会講師  定員100名
 終了しました
 
3.10月13日(土) 13:00~17:00 札幌市 北海学園大学 豊平キャンパス
前田康裕先生 & 菅原秀幸先生/ 当協会講師  定員60名
中止しました
このたび北海道胆振東部地震で被害に遭われた方に、心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く安心できる状況が訪れますよう、お祈りしております。
 
4.11月4日(日) 13:00~17:00 沖縄県 豊見城市 空手会館
前田康裕先生 & 豊田麻琴先生/ 当協会講師  定員100名
 
5.11月11日(日) 13:30~17:00 東京都 中央区 ビジョンセンター東京八重洲南口
前田康裕先生 & 菊池省三先生/ 当協会講師  定員120名
 
参加費 3,240 円(税込) 
 
お申込みはこちら             動画で見る
 
 


 

日本の教育が大きく変わろうとしています。
「予測困難な時代に、一人一人が未来の創り手となる」よう子供たちを育んでいくために、私たち大人がまず、どう「生きる」か。
幸せに「生きる」ために、どのように「働き」、どのように「学び」続けていけばいいのでしょうか。
 
私たち日本スクールコーチ協会はこれまで10年間にわたり、教職員・保護者・地域の方々と協働する人財(スクールコーチ)を育成し、
コーチングというコミュニュケーション技法を通じて、全国の学校現場でサポートに努めてまいりました。
 
この度、10周年という節目に当たり、2020年から始まる新学習指導要領の理念を基に、これからの「生き方・働き方・学び方」を改めて考え、参加者の方々に大切な何かを掴みとっていただく機会となることを願い、6月から11月にかけて全国各地(熊本・大阪・沖縄・東京)にて、対談&対話型セミナーを開催いたします。 
 
イベント前半は、「主体的・対話的で深い学び」「社会との連携・協働」「働き方改革」等をキーワードに、「まんがで知る教師の学び」の前田康裕先生(熊本大学教職大学院准教授)、 映画 「挑む」の菊池省三先生(全国菊池道場)、「アカデミック・コーチング学会創設者 」菅原秀幸先生(北海学園大学大学院経営学部教授)、琉球大学非常勤講師・教師向け研修講師の豊田真琴氏 他先進的な教育実践者の方々の対談。
 
後半は、教職員、保護者、地域、学校サポート関係者等がこれまで積み上げてきたものを共有し、対談を基に、参加者同士が対話することによって、これからの時代の「生き方・働き方・学び方」を自分自身につなげて考え、それが全体としての成果につながるよう、当協会のコーチング手法を使って新たな気づきが得られる場を創出していきます。
 
 『日本の教育をより良くする活動を実践している人々のプラットホームとなる』
 
 
 


イベント参加者様の声

 
 
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
何気なく決めた「ゴール」だったが、いつの間にか「達成」されていた
ことに驚きました!(自分では気付いてなかったが、他のメンバーの方に指摘され
気付きました。)
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
まず、書いている目標のレベルを上げる(マクロ→メタ)
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
不登校で苦しむ親子を減らして、一人一人が自分らしく輝ける社会にしていきたい。
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
正直言って、最初は時間が長いな・・と思ってましたが、あっという間の4時間でした!楽しく学べて大満足です!
 
【本藤小百合さん】
----------------------------------
 
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
人といろんなことを話す中で、自分への振り返りができて、新たな自分を発見する
ことができました。
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
・人とたくさん話すこと
・物事を、また自分をメタ認知していくようにする
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
しっかりと子どもと話をし、自分に気づかせていけるようにしたい。
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
コーチングの指導の方も、普段聞けない話が聞けた。
前田先生、菊池先生のお話も具体的でおもしろかった。
 
【S.Hさん】
----------------------------------
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
・自分の考え方や見方をもう一度見つめ直すこと
・人との対話から気づかされることがたくさんあること
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
自分が何のために教師をしているのか、を考えて楽しく人生を生きられるよう、
前向きに何でも取り組みたい
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
プラス思考で、子どもたち一人一人を大切にしていきながら、夢や希望をもち
実現するために行動し続ける子どもを育てていきたい
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
とっても良い学びになりました→自分のことを見つめる(自分に向き合う)
ことが大切と思いました。ありがとうございました
 
【Y.Kさん】
----------------------------------
 
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
対話や話を聴く中で、自分との出会い直しができたこと。
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
出会い直しや気付きを与えてくれる「対話」を自身が大切に生活していきたい。
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
「対話」を通して心のつながり、つながることの楽しさ、自分自身との出会い直しを
実感させたい。
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
対談、グループワーク、講演と内容があり、とても充実したものでした。
ありがとうございました。
 
【友田崇人さん】
----------------------------------
 
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
自分の今のこと、未来のことをちゃんと考えることができました。
様々な業種の方と話をすることができ、リソースを増やすことができました。
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
菊池先生、前田先生の生き方を学ぶことができたことで、目標を立て直したいと
思います。
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
周りの先生方にも今日のことを伝えて、シェアしたいと思います。
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
何が学べるかわからず、とりあえず参加しましたが、今まで知らなかったこと、
考えたことがないことを得ることができました。
今日から自分を見つめなおし、マクロ、メタの視点で考えてみたいと思います。
 
【A.Tさん】
----------------------------------
 
1.今日一番の収穫はどんなことでしたか?
自分の中で疑問や不安に思っていたことが少し解消できました。
 
2.その収穫をご自身の人生(生活)にどのように活かしたいですか?
目標を設定するときのアドバイスに活かしていこうと思いました。
重要度を下げるためには、メタ目標が必要なことが分かりました。
 
3.子ども達を育むために、今日の学びをどのように活かしますか?
勤務校の先生方に話し、できるところから実践していこうと思いました。
 
4.今日のイベントについて感想をお願いします。
対談形式で話を進めていかれたこと、ワークショップ等、どれも分かりやすく
充実していました。
計画された皆さま、ありがとうございました。目標も達成できました。
 
【匿名希望】
 
 


 講師プロフィール

 

前田康裕
 
熊本大学教職大学院准教授
熊本県出身。熊本大学教育学部卒業。岐阜大学教育学部大学院修了。
小中学校の教師として、図画工作美術科教育やICT教育に関する授業研究、
総合的な学習の時間や小学校外国語活動のカリキュラム研究を行ってきた。
また、イラストやICTを活用した教材開発、漫画による教育書の執筆も行っており、
ネット上で自身の作品や資料などを無料で公開している。
 
平成22年 熊本市教育センター指導主事
平成27年 熊本市立向山小学校教頭
平成29年 熊本大学教職大学院准教授
 
 本人自身が絵も描いた教育書『まんがで知る教師の学び』は、
「分かりやすくて内容が深い」ということで話題を呼び、シリーズ化されている。
 
前田康裕フリーイラスト資料集  http://r.goope.jp/yasu-maeda
 
●主な著書
『漫画で行動をイメージできる!フラッシャーズ教師の教室づくり』(明治図書)
『まんがで知る教師の学び』(さくら社)
『まんがで知る教師の学び2』(さくら社)
『まんがで知る教師の学び3』(さくら社)
 

 

 
 
 

菊池省三
 
教育実践研究家
愛媛県出身。山口大学教育学部卒業。
小学校教師として「ほめ言葉のシャワー」「成長ノート」「白い黒板」など
現代の学校現場に即した独自の実践によりコミュニケーション力あふれる教育
をめざしてきた。
教員同士の学びの場「菊池道場」を主宰し、その支部は全国約60か所に広がり
大きなうねりとなっている。
文部科学省「『熟議』に基づく教育政策形成の在り方に関する懇談会」委員。
平成15年度  北九州市すぐれた教育実践教員表彰。
平成16年度  福岡県市民教育賞受賞。
平成28年度、29年度 高知県いの町教育特使。
大分県中津市教育スーパーアドバイザー。
三重県松阪市学級経営マイスター。
 
2012年7月,NHK人気番組【プロフェッショナル 仕事の流儀】で
取り上げられたことをきっかけに全国へ講演。
テレビ東京「たけしのニッポンのミカタ」、日本テレビ「NEWS ZERO」
「世界一受けたい授業」などにも出演し大きな反響を得ている。
2015年3月、小学校教師を退職。
33年間の教職人生の中で培った教育実践をより広くより積極的に伝えながら、
21世紀の教育をめざし執筆、講演活動中。年間の講演回数は200回を超える。
 
菊池省三オフィシャルサイト http://www.kikuchi-shozo.com/
 
●主な著書
「学級崩壊立て直し請負人」(新潮社)
「菊池先生のことばシャワーの奇跡」(講談社)
「菊池省三流 奇跡の学級づくり」(小学館)
「日本初!小学生が作ったコミュニケーション大事典 復刻版」(中村堂)
「授業がうまい教師のコミュニケーション術」(学陽書房)
「ほめ言葉手帳」(明治図書)
   

 

  菅原 秀幸
 
国際経営学者 × アカデミックコーチ × 22世紀脳研究家。
早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程。国際ビジネス論専攻。
英国レディング大学、米国ワシントン大学、米国スタンフォード大学にて、
国際ビジネスとイノベーションの研究に従事。
途上国の貧困問題をビジネスの手法によって解決する新しい
アプローチを探求する。
 
教育面では「22世紀脳」の研究に専心し、その成果を
アカデミック・コーチングに活かして、グローバルリーダーの育成に注力。
全講義をYouTubeで公開。22世紀脳研究会主宰。
北海学園大学大学院経営学研究科教授・経営学部教授。
 
アカデミック・コーチング学会
http://academic-coaching.org/
 

 

 
豊田 麻琴
ミライズコミュニケーション 代表
株式会社テラハット 代表取締役
国立琉球大学工学部非常勤講師(ビジネスキャリア実践・ 反転講義)
オランダ私教育登録機関 SNRO修了証取得
SAMI-training JAPAN CEO (オランダ外資系組織・人材開発会社)
 IPSC認定プロフェッショナルコーチ米国NLP協会公認トレーナー
 
世界140カ国以上で学ばれている実践心理学NLP理論を学ぶ為、
米国にて創始者リチャード・バンドラー博士、 そして
米国NLP協会理事長クリスティーナ・ホール博士に師事。 
日本人女性初の「メタマスター・プラクティショナー」 の資格を授与される。
 
2008年NPO法人日本スクールコーチ協会沖縄支部を設立。
2016年まで沖縄支部長として活動。
沖縄県内の小中高校の校内研修、進路講演に登壇、
また教職員向けの初任者研修、5年研修、10年研修、
15年研修にコーチングを導入し、延べ3000人以上教職員にコーチングを伝える。
 
2017年、教育視察先のオランダでは、「対話中心、コーチング文化」が
国民に根付いていることを知り、独創的で画期的な教育手法、組織開発、
人材育成スタイルに可能性を見出す。
 
2018年3月北欧スウェーデンにて、日本人初マイナス30度の過 酷な
環境下で行われるリーダーシップトレーニングに参加。
 帰国後、北海道、京都、 沖縄にて、大自然のキャンプの中で実施される
日本初導入のSAMIリーダーシップ研修を実施。
ビジネスの分野では国内外の大手企業の人材開発コンサルティング、 
人材育成研修を行う。
那覇市出身。3児の母。
  http://www.toyoda-maki.jp/

 
日本スクールコーチ協会は、「子ども達が、自らの才能や可能性に気づき、自らの力で夢や望む人生を実現できるようにコーチングを通して支援する」活動を続け10年を経過しました。節目を迎えた今、教育改革を進めている先生方や教育関係職の皆様を、コーチングを通して応援することに焦点を当て、下記のミッションを掲げています。
 
日本スクールコーチ協会講師プロフィールこちら